よくある質問Q&A

結局落ちなかったシミ、もう諦めた方がいいですか?

他店で2回もやってもらったけど、これ以上は布を傷めると言われ、結局落ちなかったシミがあります。
もう諦めた方がいいですか?

汚れにも種類があり、通常のクリーニングをしただけで落ちることもあるのです。
それで落ちない部分的な汚れ(シミ)がある場合は、シミ抜きをします。(最初から「シミ抜き」をオーダーされる場合もあります)。
結論から言うと、クリーニング店から落ちませんでしたと戻って来たシミは、同じやり方を繰り返しても落ちないことが多く、薬品を変えてやるなどの判断が必要です。
専門的なシミ抜きは、まず、汚れの成分を特定し、それにあった薬品や処理方法を選びます。ここまでで、シミ抜きは完了したも同然。言い換えると、ここを間違えないことが大切。熟達した目と勘が必要とされ、クリーニング師の腕の見せ所です。
もちろん、素材とシミ抜き薬剤が合うかどうか(悪影響が出ないか)を見極めることも大切。
あとは、機械や道具を利用しながらていねいに作業するだけです。落ちた時は、こちらもとてもうれしいんですよ。

クリーニングに出したら、新たなシミが!

クリーニングに出したら、新たなシミが付いて戻ってきました。そのお店では、クリーニングで付いたシミではなく、気づかなかったシミがもともとあったのでは?と言っていますが、もともとあれば絶対に気がつくような目立つ場所についています。こういう場合は、弁償してもらえないものですか?お店の対応にも納得できないので、第三者のご意見を聞きたいです。

実は、こういうケースは意外に多く、クリーニング店ならどこでも、常日ごろ気にしているところではないでしょうか。
やはり、原因のほとんどは「気づかなかったシミ」なのです。知らない間に透明なものがついた場合は、特に気づきにくいものです。そして、これがクリーニング溶剤に反応し、変色して浮き出てくることがあります。
透明なシミですから、ご本人としても覚えがないのは当然です。
一方、クリーニングの作業場に求められる衛生環境などをきちんと満たしているところであれば、よほどのミスがない限り、作業中に何かが付くことは稀です。また、何のシミがどうついたかは、専門家が見ればわかる場合が多いです。悪質な店でない限り、ウソをつくということも考えにくいと思います。
ご相談者の利用した店では、クリーニング完了時やお渡しの際に仕上がりの確認をしないで返してトラブルになったようですが、確かに、お客様にとってはクリーニングに出したら着られない状態になってしまったようなもので、納得できないのもごもっともです。こういう時の店の対応としては、最低限、無料のやり直しなどの対処をすべきところでしょう。
ですが、普段から仕上がりチェックをきちんと行い、場合によってはお客様にきちんと説明するということを徹底していれば、トラブルに発展するのを防げるものです。対応が不十分な店もないことはないので、評判などを聞いて、安心して利用できる店を見つけることをおすすめします。
なお、クリーニング事故には「賠償基準」が定められており、これをもとに各ケースが賠償に該当するかどうか、賠償額はいくらかが決まります。事故に備えて保険に入っているお店もあるので、利用店を選ぶ時は参考にしてください。

大事なブランドのお気に入りの服の大事なタグに番号札が太い安全ピン

大事なブランドのお気に入りの服をクリーニングに出したら、大事なタグに番号札が太い安全ピンで留められていて、けっこう目立つ穴が開いてしまいました。洗濯物の管理に必要な物なのはわかるので、苦情も言いにくく黙っていましたが、内心は納得いかず、ここだけの話、その店の利用はやめましたが、こういうのは苦情として言ってもよかったのでしょうか。

とても参考になるご質問ですね。
クリーニング店は、お客様の大切な衣類をお預かりするのですから、細心の注意を払ってていねいに扱うよう肝に銘じて仕事をしています。が、なかなか気がつかないこともあるのです。お客様に指摘していただくことで気づいたり勉強になったりもしますので、気になることは、遠慮せずに言ってよいと思いますよ。また、それを快く聞き、その後の仕事に生かすような店は信頼できる店だと思います。
番号札は、お預かりものを間違いなくお届けするためにも必要な物です。その付け方は、各社とも頭を悩ませるところでもあります。なるべく影響のないところに影響のない方法でしていると思いますが、特別に価値のある衣類はタグも大事ですよね。心配な点は、預ける前に一言伝えておくのも双方のためになると思いますので、遠慮せず言うようにした方がいいですね。

カジュアルっぽいスーツも自宅で洗える?

ここ数年、ちょっと高いセーターも自宅で洗っていますが、カジュアルっぽいジャケットなども洗えますか。
注意する点を教えてください。

ドライ品が家庭で洗えるとうたった洗剤が多く出回り、自分で洗う機会が増えた方も多いようです。ちょっとクリーニング店泣かせという感じの今日この頃です(笑)。
というのも、クリーニングに出される物が減ったということばかりではなく、家庭用の洗剤は本当の意味でドライ品を洗えていないからです。家庭で洗ったセーターがクリーニング店に持ち込まれた時に見てみると、繊維が硬く縮み、ゴワゴワした肌触りになっているのが私たちにはわかってしまいます。そして、これを、プロとしての仕上がりレベルを目指してクリーニングしてみても、縮みが戻らないのはもちろん、元の風合い、肌触りはよみがえらないのです。
「家庭でできる」と言っているのは、一つは防縮剤の効果です。セーターは、水につけることで必ず繊維がつまり、縮みます。それを、最大限防ごうとするのが防縮剤。そのおかげで、縮んではいても、ちょっと見にはわからない程度に収まっています。が、毎回毎回、ちょっとずつちょっとずつ確実に、繊維は縮んでいきます。サイズが変わった感じがしないとしたら、その分編み目が開いているか、ゴムが緩むのと同じような状態になっているかです。
綿など植物系の素材は水につけてもいいのですが、ウールやカシミヤなど動物系の素材は、水につけることで素材としての良さが損なわれるということを、まずは知っておきましょう。
その上で、皆さんそれぞれ、日常的に着る分には問題ないと感じる仕上がり具合があると思いますので、ものによってはご家庭で洗うことを否定はしません。私も、普段着はそうしています。
ご質問のカジュアルジャケットですが、綿、ポリエステルなど、比較的失敗が少ない素材であれば、挑戦してみてもいいかもしれません(必ず、ご自分の判断、責任で行ってください)。洗い方、干し方は、ご使用の洗剤の指示に忠実に従いましょう。特に、干し方は仕上げのアイロンの効果を左右します。形をきっちりと整えて陰干ししましょう。シワもできるだけ伸ばしてから干したいですね。衣類はバサバサと振らずに、両側から生地を両手ではさんで叩くようにするといいですよ。叩く時、生地がこすれないように注意してください。 アイロンは必ず当て布をし、温度にもご注意を。カジュアルなものは、縫い目などの縮みを伸ばす程度で済む場合もあります。ゴシゴシかけすぎるとテカリが出る場合もありますので、状況に応じて加減してください。
なお、普段着でも、特殊な汚れや長年蓄積したような汚れ、黄ばみなどは、時々プロに専門的な洗い方で洗ってもらってください。そうすると衣類が長持ちしますよ。

クリーニング店の値段

クリーニング店はいつも値段で選んでいますが、実際に違いなんてあるんでしょうか。 値段以外はどこもだいたい同じじゃないんですか?

ある意味当たってもいますし、違うとも言えます。
独自のクリーニングの機械や洗剤を開発している会社なら別ですが、実際は業務用に出ているものを各店が選んで使っていますので、そういう意味ではあまり違いはないのかもしれません。
ですが、どんな時にどれをどのように使ってどのように洗うかという細かい工程をたどっていくと、差が出てきます。素材ごと、汚れの種類ごとに洗剤の選び方、洗い方が変わる場合もあり、現場の人間の判断力が必要になってきます。 撥水加工などの特殊な処理をする場合も、その仕上がり品質に差が出ることがあります。シミ抜きは、特に熟練が必要な専門的分野で、得意なスタッフがいる店とそうでない店に違いが出ます。
また、アイロン掛けなどの仕上げ工程も人の技術による面が大きいです。これは、実際に利用して仕上がりを確かめるしかありません。
勉強熱心な店は、やはり新しい技術を必要に応じて取り入れ、お客様のニーズをより満足させてくれるでしょう。
そのほかは、品物の扱い方や利用のしやすさ、顧客サービスでしょうか。これもけっこう大切な要素ですね。

買って間もないスーツなのに、毛玉や毛羽立ちが…

買って間もないスーツをクリーニングに出したら、毛玉や毛羽立ちだらけになって返ってきました。
素材のせいと言われましたが、高価なものだっただけに納得できません。

もし本当に素材のせいであれば、その素材をそうと知らずに洗ってしまった店にも責任がありますし、生地のメーカーからの周知徹底もお願いしたいところです。また、お客様もスーツの持ち主として知っておいた方がよかった情報でもあります。が、購入時に言われない限り、それは難しいと思います。
クリーニング店なのか生地メーカーなのかわかりませんが、賠償の話し合いの対象にはなると思いますので、お店に交渉してみてはいかがですか。 一つ申し添えるとすれば、一度クリーニングしただけで毛玉だらけになる素材であれば、クリーニングしなくても、ほどなく劣化しただろうということです。ご質問のスーツは、クリーニングによってさらに寿命を縮めることになってしまったようで同業としても残念ですが、お客様におかれましても、衣類の購入の際は、生地の品質など実利面での価値をチェックすることも大切です。たとえば、売り場で触られることですでに毛羽立っているような洋服は、もともとそういう性質の生地だということです。
なお、高価なものなどは特に、念のため、1点ずつていねいに取り扱いながら洗う特別なクリーニングをオーダーすると安心です。

細かい刺繍飾りやビーズに少しほころびがあるお気に入りのポーチ

お気に入りのサテンのパーティ用ポーチを洗いたいのですが、細かい刺繍飾りやビーズなどが付いていて、少しほころびかけてるところもあったりして、ためらってしまいます。
こんなものでもクリーニング店にお願いしたら、きれいにしてもらえますか?

愛着のあるものは、長く綺麗に使いたいですよね。
扱っていないお店もあるかもしれませんが、ご質問のような品であれば、クリーニング自体は可能です。
お店によっては、ほころびも直してもらえると思いますよ。ぜひ、相談してみてください。




白いポロシャツの黄ばみ

夏の白いポロシャツを普通に洗濯して、キレイに白くなったのを確認してから仕舞いました。 が、次の年に出したら、黄ばんでいました。
なぜですか?

汗や皮脂などの汚れは落ちたように見えて、落ち切っていない場合があります。
それが、時間が経つと酸化し、変色して黄色っぽく見えるようになります。 シーズンはじめに出した時にもう一度洗うと、ある程度きれいになりますが、古くなってくると汚れも蓄積してきますし、生地の再生力も落ちてきますので、限界があります。
長く着るためには、シーズンオフなどに黄ばみの原因となる汚れを徹底的に落としてから保管することが効果的です。お近くのクリーニング店で、このようなクリーニングを実施しているところに頼んでみてください。
なお、一番落ちづらい皮脂汚れは、アルカリ性の酸素系漂白剤を使うことで落ちやすくなります。ご自分で洗う方は、しまう前に試してみてください。

宅配クリーニング 店舗クリーニング 清洗舎ブログ 円山せんたく日和 染み抜きのプロフェッショナル 匠の染み抜き リフォームサービス ブランドバッグクリーニング 布団クリーニング 清洗舎では一緒に働く仲間を募集しています。